1. 岡山理科大学50周年記念事業 ホーム > 
  2. A1号館

A1号館

A1号館は2年の工期を経て2016年3月竣工いたしました。企画開始は2012年、周辺工事を2013年に行い、2014年3月の起工式から2年を経ての完成です。A1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●2015年10月上旬の様子です。 

IMG_1146 IMG_1145 IMG_1007
     

 ●2015年9月23日 躯体が組みあがりました。!cid_14ff9272d2b559d6a261seimonside

 

 

 

 

 

 

 

2015年6月初旬  建設現場遠景(龍ノ口山、新幹線車窓より) 大型クレーン3機により骨格組み上げ中です。

 

 2014年9月22日 新棟建設中! 

      IMG_3326 IMG_3322

                    A1号館建築現場 (平成26年9月22日)

岡山理科大学『A1号館』が建ち上がる様子はコチラ

A1号館とは?
 「A1号館」は、2016年3月完成予定で、延床面積は約27,000㎡、地下1階、地上11階建てで、耐震化対策が強化され、新機能も追加された建物となります。
 コンセプトは「学生の満足度向上」と「積極的な学び」実現する教育環境の実現です。理工系大学の特徴として、学生の学内滞在時間が長いことがあげられます。したがって、学内の生活環境は高いレベルであることが必要となります。「新1号館」では、レストランのほか広いくつろぎ空間や自学・自習可能なエリアが準備されています。教育環境としては参加型の講義を意識した講義室群、充実した環境で学べる物理学実験室と化学実験室、既存の図書館と連結した図書館、語学の自学・自習システム、ものづくり体験できるサイエンスドリームラボなどがあげられます。移転する専門学科は最新・最適の状態に生まれ変わることになりますし、将来に向かっての拡充予定フロアーも準備されています。

【A1号館完成予想図】 

         新1号南1121                                                 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

岡山理科大学50周年記念事業サイト

PAGE TOP