特別推薦 専門学科・総合学科特別推薦入試Ⅱ期 インターネット出願『たんQ出願』 半田山祭 入試相談会 獣医学部(仮称) 文部科学省「私立大学研究ブランディング事業」に本学申請事業が選定 経営学部 IB教員養成コース誕生

RSS新着情報

トップ > 基礎理学科トピックス  「理数系教員への道」―野外実践指導実習Ⅰ山篇 (2011/05)

基礎理学科トピックス  「理数系教員への道」―野外実践指導実習Ⅰ山篇 (2011/05)

2011/06/09  学内トピックス

5月21、22日一泊二日の日程で、基礎理学科2年生対象「野外実践指導実習Ⅰ――山篇」が開催され、30名の学生が参加しました。天候は曇りから雨へと向かう下り坂でした。

21日は“阿哲郡足立地域”を実際に歩いて、蛇紋岩化作用の観察を行い、岩石分布ルートマップを作成し、交代変質作用について考えました。ハンマー、ルーペ、ヘルメットの準備もよろしく地質学者の雰囲気で調査を行いました。同21日夜は、蒜山学舎で星空観察を行いました。日の入りが19:04なので、20:00過ぎから望遠鏡、双眼鏡、デジタルカメラなどの機材を使い、ほぼ天頂付近に北斗七星、ひしゃくの柄からやや東南方向にアークトゥルスとスピカへと繋がる大曲線、更にしし座のデネボラを加えると春の大三角、しし座やからす座も確認できました。また、この時期はスピカとデネボラの間に土星が明るく見えるので、20cmの望遠鏡で環の観察を行いました。その他、ミザーとアルコルの2重星、北極星(3重星)のA星とB星の確認、おとめ座γ星ポリマなど連星、重星の確認も行いました。夜10時を過ぎると、ほぼ全天雲に覆われ、終了となりました。

翌22日朝7時起床、8時出発で、新庄村朝鍋鷲ヶ山登山です。朝方には大変強い雨が降り心配しましたが、小雨となり決行となりました。登山中には、ブナ林の特徴を調べました。高木、亜高木、草本層などの森林の階層構造を確認し、人工林との違いを考察しました。またブナ林に生息している植物の写真を撮り、花・葉のつき方、葉の形状や樹高・木膚の特徴を調べました。雨合羽に身を包み、足元に気をつけながら調査をしました。
帰りのバスは15:30頃大学に到着し、全員で片付けを行いその後解散となりました。自然を相手にするフィールドワークでは、悪天候も想定した準備が必要なことも感じることができた「野外実践指導実習Ⅰ山篇」でした。みなさん、お疲れ様でした。

*****************************************************************************************
≪過去のトピックス≫
2011年6月以前のトピックス