獣医学部(2018年4月開設) インターネット出願『たんQ出願』 入試対策講座20171223 獣医保健看護学科対象『入試相談会』開催のお知らせ 文部科学省「私立大学研究ブランディング事業」に本学申請事業が選定 IB教員養成コース誕生

お知らせ

RSS新着情報

トップ > 応用物理学科医用科学専攻トピックス  尿素センサの小型化に成功

応用物理学科医用科学専攻トピックス  尿素センサの小型化に成功

2012/02/28  学内トピックス

医用科学専攻のグループ(中川益生 教授,尾崎眞啓 准教授)がこれまでに取り組んできた尿素センサの小型化に成功し、 学生がその研究成果を修士論文発表会で報告しました。
人工透析治療中に尿素濃度を連続的にモニタリングをすることは患者一人一人にあった透析条件を決める上で有効で、今後、企業と連携しながら人工透析装置への組み込みが検討されています。
応用物理学科では臨床工学技士の養成を行っており、本研究成果は臨床工学技士の業務にも直結していることから今後の応用が期待されています。
※この成果は2012年2月19日の山陽新聞朝刊にも取り上げられました。

****************************************************************************************
≪過去のトピックス≫

2年生の茶話会が開催されました
応用物理学科主催の就職対策講座開催
特別研究中間報告会・臨床医学特論発表会が開催されました
中四国臨床工学技士会学術大会で4年生が発表しました(2011/10)
違ったものの見方の驚き(2011/07)
福島県で放射能測定のための土壌試料採取(2011/06)
第6回応用物理学科BLS-AED講習会を開催(2011/05)

2011年6月以前のトピックス