特別推薦 専門学科・総合学科特別推薦入試Ⅱ期 インターネット出願『たんQ出願』 半田山祭 入試相談会 獣医学部(仮称) 文部科学省「私立大学研究ブランディング事業」に本学申請事業が選定 経営学部 IB教員養成コース誕生

RSS新着情報

トップ > 基礎理学科トピックス 「理数系教員への道」海篇@前島 (2011/06)

基礎理学科トピックス 「理数系教員への道」海篇@前島 (2011/06)

2011/07/05  学内トピックス

6月4,5日の土日にかけて、岡山県瀬戸内市前島研修所を使用した「野外実践指導実習Ⅰ(海篇)」が開催されました。参加者は、2年生57名と大学院生、教員合わせた66名でした。

6月4日朝大学東門に集合し、牛窓港から定期便の前島フェリーで渡島しました。その後、第三紀化石の採取、砂・礫・粘土の違いの調査、岩礁における磯生物の採取、砂浜・潮だまりにおける生物採取などを行いました。天候は薄曇りでしたが、かなり暑かったです。その後、研修所では採取物の分類・整理を行い一日のまとめを行いました。翌5日は、海藻の採取、砂と波の相互作用の実験を行いました。波浪による海砂の動きを調査しました。採取した海藻は、分類を行うために丁寧に洗い、標本化しました。その後、片付けを行い、帰路につきました。到着は5日夕方となりました。

「野外実践指導実習」は、将来教員となった時に中学生などを引率し、海や山の調査を行うことを想定した実践的な科目であり、調査そのものだけでなく、計画・準備・実施、機に臨んで柔軟で適正な対応ができるよう訓練する実践科目でもあります。参加した2年生はまだまだそこまで達していませんが、このような科目を基礎理学科では他にも用意し、学生さんたちのポテンシャルを高めています。

みなさん、お疲れ様でした。

***********************************************************************************
≪過去のトピックス≫
「理数系教員への道」―野外実践指導実習Ⅰ山篇

2011年6月以前のトピックス