特別推薦 専門学科・総合学科特別推薦入試Ⅱ期 インターネット出願『たんQ出願』 半田山祭 入試相談会 獣医学部(仮称) 文部科学省「私立大学研究ブランディング事業」に本学申請事業が選定 経営学部 IB教員養成コース誕生

RSS新着情報

トップ > 基礎理学科トピックス 玉野光南高校の生徒が学科見学 (2011/07)

基礎理学科トピックス 玉野光南高校の生徒が学科見学 (2011/07)

2011/07/25  学内トピックス

7月20日(水)、岡山県立玉野光南高校の1年生6名が、学内見学の一環として、基礎理学科での見学・実習を行いました。

まず、8号館で伊代野先生の「宇宙科学」の講義を参観した後、7号館を見学、そののち20号館5階の共通ゼミ室で「ボーイ曲面」の工作実習を行いました。正確にはボーイ曲面に穴をあけた図形ですが、一番最初に完成させた生徒さんは、その正体がメビウスの帯だと見事見抜いてくれました。素晴らしい! かなり苦労した人もありましたが、なんとか全員が時間内に完成もしくはほぼ完成させることができました。
工作でできた図形に蓋をつけたものが「ボーイ曲面」ですが、これは射影平面とよばれる図形を無理矢理3次元空間に押し込めたものです。2次元図形の幾何学としては、普通の平面のユークリッド幾何、射影平面の射影幾何、双曲平面の双曲幾何が代表的です。これらの幾何学は図形の分類と密接にかかわっています。ロシアの数学者が、100年間未解決だったポアンカレ予想を解決しましたが、その手法は3次元図形の幾何学を本質的に使っています。
そういう難しい話はわからなくても、空間を把握する能力を育てること自体も大切です。今回の工作はそのためのいい訓練になったのではないでしょうか。
****************************************************************************************
≪過去のトピックス≫
理数系教員への山道? (2011/07)
理大附属進学理大コース研究室訪問 第3弾 (2011/07)
財部教授・森教授が参画のプロジェクトが新聞記事に(2011/07)
太陽観測「Hα太陽望遠鏡と太陽黒点観測」(2011/06)
理大附属進学理大コース高校生が、地学、物理、化学を体験 (2011/06)
『鳥の目をもて、虫の目になれ』&『なりたいのは小中高の、どの先生?』(2011/06)
「理数系教員への道」海篇@前島 (2011/06)
「理数系教員への道」―野外実践指導実習Ⅰ山篇

2011年6月以前のトピックス